アマゾンマーケットプレイスの歩き方--Best5する編--

アマゾンマーケットプレイスで古本を売る極意を伝授いたします

1.最初の価格設定

最初の価格設定で、1番手を押さえるのがベストではありますが、自分自身が設定したターゲットプライスと違った場合、どうするかを考えてみたいと思います。

売り抜けるためには何が何でも1番が良いと思っている人もいますが、あまり売り急ぐと、損することありますよね。ここはじっくりと2番手で待つとか5番手(5番手以内の場合、USEDのトップページに表示される)でクリックを待つのも手かなと思います。

いずれにしても、確実に売れて価格が下がりすぎている本以外は、Best5に常にいることで、いつでも売れる体制をとっておくことが良いと思います。(価格を自分で作ると言う手法もありますね、一種の買占め・電脳セドリです。全部買い占め、自分で価格を作るわけです)

2.なぜBest5か

アマゾンマーケットプレイスユーズド商品は、上位5つまでの商品しか表示されません。それ以降は、その他のユーズド商品というリンク先でしか見ることが出来ません。ということは、購入者は、わざわざリンクボタンをクリックしてまで、上位5番手以降の商品をみるかどうか?ということも考慮しないといけません。

購入されるポイントをみすみす逃さずに、さらに1番手ではなくても売れる手法で売りぬくことが、利益拡大の道だと、私は勝手に思っています。とくにプロマーチャントの方は、多数の商品を出品しているわけですから、価格管理もいいかげんなケースも多々あります。そこを突くのです。

また、商品説明もしかりです。ランチェスター戦略ランチェスター戦略ではありませんが、弱者が勝ち抜くための戦略を考えて行うと、結構違った結果が出てきます。私はこのような手法をとっていますので、弱者ではありますが、それなりに売り抜けています。

3.金魚のフン戦略

この手法は、2番手で売り抜ける方法です。とくに1番手が、本業の古本屋さんの場合、まずコメントに商品説明が少ないです。(とういよりないのが多いですね)そこを突きましょう。

私は、あくまで弱者ですから、強者(業者)に勝つためには、在庫を極力減らして、回転率(売上げ)を高めて28日後の入金日により多くの小遣いを、払い出さなければなりません。強者は、1番手に安穏としています(多分恐らく)1番手である限り、価格はそのままの状態で推移します。

そこで、1番手のすぐ下に数十円・もしくは数円高値で出品します。もちろん、状態もしっかり吟味し、コメント説明も66文字命を掛けて書きます。そうするとあら不思議、結構買ってもらえます。

みなさん、まだまだ、コメント説明足りないと思います。この機会に見直すのもいいかと思いますが、いかがでしょうか?

4.購入者は、クレジットカードを使う

アマゾンマーケットプレイスは、クレジット決済ですね。ヤフーオークションとも違い写真も掲載できません。当然、価格とコメント説明でボタンを押すわけです。想像するに数円・数十円の違いにストレスを感じるとも思えません。つまりいかに良い状態で良い価格かがわかれば、多少の価格の差は、気にならないのではないか?と思います。新品より安く買おうとしていることは事実ですが、より良いものを安くと考えたほうが、良いと思います。

みなさんは、どう感じますでしょうか?

上に戻る

Yapoo.biz All Rights Reserved